現場に残された血痕のDNA、容疑者と一致 広島の主婦殺害事件

有料会員記事

[PR]

 広島県福山市明王台5丁目の主婦(当時35)が2001年に自宅で殺害された事件で、現場に残された血痕のDNA型が殺人容疑で逮捕された福山市西新涯町1丁目、無職竹森幸三容疑者(67)のものと一致していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 竹森容疑者の逮捕容疑は01年2月6日午後0時45分ごろ、女性宅で女性の腹部を果物ナイフで突き刺すなどして殺害したというもの。「記憶にない」と容疑を否認しているという。

 福山西署捜査本部によると、2人は面識がなかったとみられる。女性の遺族は竹森容疑者の名前について「知らない」と話しているという。今月上旬に捜査線上に浮上し、25日に自宅にいた竹森容疑者を任意同行し、逮捕した。

 現場には、凶器のナイフのほか、犯人が履いていたとみられるテニスシューズ(28センチ)の足跡や犯人のものとみられる血痕などが見つかっていた。捜査関係者によると、採取された血痕のDNA型が、竹森容疑者のものと一致したという。

 この事件は発生から20年以上が経過した未解決事件(コールドケース)だった。刑事訴訟法が改正され、殺人罪や強盗殺人罪の公訴時効は2005年に15年から25年に延び、10年に廃止された。これにより、16年2月が公訴時効だった本件も解決への道が開けた。

 福山西署は30人態勢の専従班で捜査を続けていた。捜査本部は20年間で捜査員延べ18万人を投入。162件の情報提供が寄せられた。

かつての雇用主「お金に困っていたようだった」

 竹森幸三容疑者は、JR福山…

この記事は有料会員記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。