• アピタル

8月は前年を上回る出生数 コロナ影響の減少傾向、和らぐ?

久永隆一
[PR]

 今年8月に生まれた子どもは7万5788人で、前年を0・1%(64人)上回った。今年に入り、出生数が前年水準を上回ったのは初めて。1~8月の8カ月間の出生数は55万5080人。前年の同じ期間と比べて、4・8%(2万8138人)減った。

 厚生労働省が人口動態統計の速報値(国内で生まれた外国人や国外で生まれた日本人も含む)で明らかにした。

 コロナ禍の影響で出産を控える動きなどがあり、今年の出生数が減少。特に1月には前年同月比14・6%減と落ち込みが大きかった。その後の減少幅は縮まる傾向で、今年の出生数が戦後初めて80万人を割り込むといった懸念も和らぎつつある。(久永隆一)