特別支援学級の生徒にわいせつ行為、教諭を懲戒免職 兵庫県教委

西田有里
[PR]

 兵庫県教育委員会は26日、担任する特別支援学級の女子生徒にわいせつな行為を繰り返したとして、公立中学校の40代男性教諭を同日付で懲戒免職処分とし、発表した。1対1での学習指導中だったという。男性教諭は「次第に意識するようになって、エスカレートしてしまった」と話しているという。

 県教委によると、男性教諭は4月~10月上旬、教室内で個別指導していた女子生徒の胸などを十数回触ったという。教室内に別の生徒がいる中、間仕切りに隠れた状態でわいせつな行為をしたこともあったという。

 女子生徒の様子がおかしいことに気づいた同僚の女性教諭が、男性教諭を注意したこともあったが、男性教諭が再び同様の行為をしたため別の教諭に伝え、発覚した。県教委は、この女性教諭も管理職への報告を怠ったとして減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とした。

 また県教委は、新型コロナウイルス感染を報告せずに授業をした同県尼崎市立小学校の男性教諭(31)を、減給10分の1(6カ月)の懲戒処分とした。小学校は、この影響で7日間臨時休校となっていた。(西田有里)