第3回川上弘美さんとロバートキャンベルさん、2カ国語で読むあの物語

柏崎歓
[PR]

 作家の川上弘美さんと、日本文学研究者で早稲田大特命教授のロバート キャンベルさんによる朗読イベントが、早稲田大学国際文学館(通称・村上春樹ライブラリー)で23日に開かれた。ライブラリーの開館記念企画「Authors Alive!~作家に会おう~」の第3回。国際文学館の名にふさわしく、まず川上さんが自作を朗読し、同じ作品をキャンベルさんが英語で読むという珍しい形で行われた。

 文学館の顧問も務めるキャンベルさんが冒頭、「今日は『2カ国語で読む川上弘美』ということでやっていきます」。雑誌「MONKEY」に掲載した掌編を集めた『このあたりの人たち』(文春文庫)収録の2作「呪文」「蠅(はえ)の王」と、英語圏でも川上さんの代表作として知られているという『センセイの鞄(かばん)』(新潮文庫)の一節を、2人が交互に朗読した。

 キャンベルさんの英語の朗読にじっと聴き入っていた川上さんは「何でもない気持ちで書いたことも、翻訳者は一行一行精巧に読んでくれている。翻訳している方は、私よりも私の小説をよく知っていると思います」。キャンベルさんは「(翻訳は)一つ一つ、色をきちんと塗り直していくような作業」と応じた。

 参加者からの「作品が映像化されることについてどう思うか」という質問に、川上さんは「元の小説と違うものをつくってくれる方ならお任せして、あとはもうどうにでもしてほしい」と答えた。「小説と翻訳の関係にも通じる話ですね」とキャンベルさん。川上さんは「翻訳も映像化も創作の一つ。私の小説が器になって、最初の形がなくなってもいいから何かになってくれたらいいと思っています」と話した。

 「『センセイの鞄』はどうして書こうと思ったのか」と問われると、川上さんは「結果的に恋愛小説になったんですけど、最初は全然そんなつもりはなかった」と明かした。「お酒をのむとなぜか楽しいことがあるっていう話を書くつもりだった。でも、書いているうちに恋愛になっちゃったんですよ。おい恋愛するなよって思ったけど、作者にもどうしようもない。でも、そういうことが小説を書く楽しさかな、私の場合は」

 キャンベルさんは終了後の取材に、「川上さんの日本語の残影が残っているうちに読むので、日本語でも英語でもない作品固有の情動、情景のようなものが、立体的にイメージを結ぶ感覚があった」と「2カ国語朗読」を振り返った。川上さんは「自分の小説を朗読するのは気恥ずかしいけど、今日は楽しめた。日本語と英語でやったからかもしれません。何か違うものがつくられる感覚があった」と話した。

 自身も川上作品の翻訳を手がけている早稲田大准教授の辛島デイヴィッドさんも、この日の朗読を見守った。「キャンベル先生の読みの深さ、翻訳されることによる作品の解釈の広がりを感じた。翻訳や映像化も創作の一つだという川上さんの作家としての寛大さにも感銘を受けました」と語った。

 「Authors Alive!~作家に会おう~」は全6回の予定。詳細はウェブサイト(https://www.waseda.jp/culture/wihl/別ウインドウで開きます)で。(柏崎歓)