担当者を降職処分 テレ朝「ワイドスクランブル」の視聴者質問偽装で

[PR]

 テレビ朝日系の情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」で番組側が用意した質問を視聴者からと偽って紹介した問題で、担当したチーフディレクターが所属するテレビ朝日映像は26日、チーフディレクターを降職、番組のゼネラルプロデューサーらを減給とする懲戒処分をした。若林邦彦社長ら幹部3人は報酬の一部を返上する。

 テレビ朝日も同日、番組のチーフプロデューサーとプロデューサーを減給1カ月、情報番組センター長を譴責(けんせき)の処分とした。亀山慶二社長は26日の定例会見で「今回の不適切な演出は番組への信頼を大きく損ねる許されない事案であり、視聴者、関係者の皆さまに深くおわび申し上げます」と謝罪した。