日大元理事らを再逮捕 医療機器などの納入で約2億円の背任容疑

[PR]

 日本大学板橋病院の建て替え工事をめぐる背任事件で、同病院に医療機器と電子カルテ関連機器を納入する取引でも、日大に計約2億円高い契約を結ばせて損害を与えたとして、東京地検特捜部は27日、日大元理事の井ノ口忠男容疑者(64)と医療法人「錦秀会(きんしゅうかい)」(大阪市)の前理事長・籔本雅巳容疑者(61)を背任容疑で再逮捕し、発表した。

 特捜部の発表などによると、板橋病院には今春以降、海外メーカーのMRI、CT、血管撮影装置が7台、導入された。計約14億6300万円のリース契約だった。井ノ口容疑者は日大子会社「日本大学事業部」の取締役として契約業務を担当。この取引の中に、介在させる必要のない籔本容疑者側の会社を入れ、日大に約1億3100万円の不要な債務を負担させて損害を与えた疑いがある。

 電子カルテ関連機器の板橋病院への納入でも、同様の手法で約6700万円の不要な債務を負担させ、合わせて日大に計約1億9800万円の損害を加えた疑いがある。

 これらの取引が行われた後の7月と8月、錦秀会の関連会社から井ノ口容疑者の知人側の会社には、2回で計約2700万円が送金されたことが既に判明している。井ノ口容疑者は再逮捕前の調べに、約2700万円の入金は「知らない」と供述したという。

 また、特捜部は27日、板橋病院の建て替え工事の設計・監理業務を請け負った都内の設計事務所から、籔本容疑者のペーパー会社に日大の資金2億2千万円を流出させたという最初の逮捕容疑について、2人を背任罪で起訴した。井ノ口容疑者は業者選定の審査で評価点を改ざんしたという。