第51回後藤田氏がリード、仁木氏がわずかの差で続く 徳島 情勢調査詳報

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 朝日新聞社は23、24日、徳島県内の有権者を対象にしたインターネットによる選挙情勢調査を実施し、取材で得た情報とあわせて総合的に中盤の情勢を探った。徳島1区では自民前職の後藤田正純氏がリードし、無所属元職の仁木博文氏がわずかの差で続いている。2区では自民前職の山口俊一氏が安定した戦いぶりをみせる。

 調査時点で投票態度を明らかにしていない人が4割おり、情勢は変化する可能性もある。投票態度を明らかにした人でみた各区の情勢は次の通り。

(候補者名は敬称略)

1区

 後藤田氏は、自民支持層の8…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載情勢調査 2021衆院選(全64回)

この連載の一覧を見る