第39回自民・田村憲久氏が優勢、無党派層も取り込む 三重、情勢調査詳報

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 朝日新聞社は23、24日、県内各選挙区の有権者を対象にしたインターネットによる選挙情勢調査を実施し、取材で得た情報とあわせて総合的に中盤の情勢を探った。1区と4区では自民の前職、新顔がそれぞれ他候補を引き離しており、3区では立憲前職が安定した戦いぶりをみせている。立憲前職と自民新顔の対決となった2区では、立憲前職が先行している。調査時点で投票態度を明らかにしていない人が3~4割おり、情勢は変化する可能性もある。投票態度を明らかにした人でみた各区の情勢は次の通り。(敬称略)

三重1区

 田村が優勢で、松田と山田は…

この記事は有料会員記事です。残り998文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載情勢調査 2021衆院選(全64回)

この連載の一覧を見る