第28回東京8区吉田氏と石原氏激戦、18区長島氏・菅氏互角 情勢調査詳報

有料会員記事2021衆院選

[PR]

 31日投開票の衆院選について、朝日新聞社は23~24日、都内の有権者を対象にインターネットによる情勢調査を実施し、取材で得た情報と合わせて総合的に中盤の情勢を分析した。

 全25選挙区のうち、自民は11選挙区で優勢、1選挙区でやや優勢となった。接戦は11選挙区。野党は、立憲民主が優勢とやや優勢が1選挙区ずつあった。調査時点で投票態度を明らかにしていない人が各選挙区で4~5割ほどおり、今後情勢は変わる可能性がある。

 前回2017年の衆院選は、自民が19、公明が1、立憲が4、希望の党が1選挙区でそれぞれ勝利していた。

(候補者名は敬称略)

東京1区

 山田と海江田が互角の激しい…

この記事は有料会員記事です。残り4557文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載情勢調査 2021衆院選(全64回)

この連載の一覧を見る