虐待死の3歳に暴行した疑いで母親も逮捕 スマホに動画、撮影か

有料会員記事

[PR]

 大阪府摂津市で8月末に3歳の男児が死亡し、母親の交際相手の男が殺人罪で起訴された事件で、男児に生前、暴力を振るっていたとして、大阪府警は27日、交際相手の男を傷害と暴行容疑で、母親を暴行容疑でそれぞれ逮捕し、発表した。2人とも容疑を認めているという。

 捜査1課によると、逮捕されたのは交際相手の無職松原拓海(たくみ)容疑者(24)=羽曳野市=と母親の無職、行歩寿希(ぎょうぶじゅき)容疑者(23)=同市。

 松原容疑者は今年5月5日、母親の長男、新村桜利斗(にいむらおりと)ちゃんの顔面を素手で殴ってけがを負わせた傷害の疑いがある。

 また松原容疑者と母親は共謀して6月20日、母親が桜利斗ちゃんの注意を引く間に、松原容疑者が桜利斗ちゃんの顔面をクッションでたたき、ソファから転落させるなどした暴行の疑いがもたれている。

 5月の事件について松原容疑者は府警の調べに「(桜利斗ちゃんが)異常に泣いたのでかっとなって殴った」と供述したという。

 母親は事件直後、当時居住していた摂津市の担当者に「(松原容疑者が)桜利斗ちゃんのほおをたたき、あざができた」と相談し、担当者が松原容疑者に注意していた。

 府警によると、6月の事件については、松原容疑者のスマートフォンに当時の様子が映った映像があったという。母親が撮影したとみられる。松原容疑者は調べに対し、「クッションでたたいたのは遊びだった」と供述したという。

 桜利斗ちゃんは8月末に全身…

この記事は有料会員記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。