母「彼氏がたたいてあざ」報告 虐待死3カ月前、見過ごされたリスク

有料会員記事

[PR]

 大阪府摂津市で3歳の男児が死亡した事件をめぐり、男児が生前にも暴力を受けていた疑いが強まったとして、交際相手の男に加えて母親も逮捕された。

 暴行の疑いで逮捕されたのは、新村桜利斗ちゃんの母、行歩寿希容疑者(23)。傷害と暴行の疑いで再逮捕されたのは、交際相手の松原拓海容疑者(24)。関係者によると、桜利斗ちゃんは母が離婚した元夫との間の子だったという。

 母子は2018年10月に摂津市に転入してきた。市と府の児童相談所は生活状況などを踏まえ、母親の虐待リスクを「最重度のネグレクト育児放棄)」とみて「見守りが必要」と判断し、担当者が定期的に面会するなどしてきた。

 ただ、その後、母親が市の担…

この記事は有料会員記事です。残り586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。