第33回選挙14勝「無敗の男」、立憲入りで風はどう吹く 自民は「追い風」

有料会員記事2021衆院選立憲自民維新

鹿野幹男
[PR]

 衆院選茨城7区には、15選をめざす立憲前職の中村喜四郎氏(72)と、自民前職の永岡桂子氏(67)が立候補し、激しい戦いを繰り広げている。6度目となる因縁の対決だが、これまでとは様相が異なる。保守系無所属として当選を重ね、「無敗の男」と呼ばれる中村氏が立憲入りして初めて挑む選挙だからだ。このほか、維新新顔の水梨伸晃氏(42)も立候補している。

■無所属→自民→無所属→立憲…

この記事は有料会員記事です。残り1277文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載ルポ 注目選挙区(全40回)

この連載の一覧を見る