「ネバーギブアップ」 被爆者たちの柱、坪井直さんが残した言葉

有料会員記事核といのちを考える

福冨旅史、比嘉展玖、岡田将平

 広島を代表して国内外で体験を語り、核兵器廃絶を訴えてきた坪井直さんが96歳で亡くなった。ともに活動してきた人たちは別れを惜しんだ。坪井さんが残した言葉や姿は多くの人たちの心に刻まれている。

 在外被爆者の支援に関わってきた被爆者の豊永恵三郎さん(85)=広島市安芸区=は「体験を伝え続けて、核兵器廃絶をあきらめない、という平和活動の基礎を作った方だと思う」と語った。

 豊永さんは元高校教諭で、中…

この記事は有料会員記事です。残り1477文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]