中国ハイパーソニック実験「非常に懸念している」 米軍制服組トップ

ワシントン=園田耕司
[PR]

 中国が8月に核搭載可能な極超音速(ハイパーソニック)兵器の実験を行ったと報じられたことをめぐり、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は27日、米ブルームバーグのテレビ番組のインタビューで、米政府当局者として初めて事実関係を認めたうえで、「非常に懸念している」と語った。

 ミリー氏は「我々が目にしたことは極めて重要な出来事だった」と指摘。そのうえで、米国が1957年に人工衛星の人類初打ち上げを旧ソ連に奪われた「スプートニク・ショック」に言及し、「それに極めて近いと思う」と語った。

 極超音速兵器は弾道ミサイル以上に迎撃することが難しく、軍事専門家の間では戦争の形態を変える「ゲームチェンジャー」と呼ばれている。米中ロ3カ国を中心に開発競争が繰り広げられているが、中ロが先行。ミリー氏は「米国は、極超音速兵器や人工知能(AI)などを含めた科学技術について実験や開発を進めている」と強調した。

 英紙フィナンシャル・タイムズは16日、米情報機関の話として、中国が8月に行った実験では、ロケットで宇宙空間に打ち上げられた極超音速滑空体が地球の低周回軌道上を飛び、その後下降して、標的から約40キロ離れた場所に着弾したと伝えた。(ワシントン=園田耕司