第3回候補者に「GoTo」続ける父親の思い アポなしで突撃、本気度は?

有料会員記事2021衆院選

丹治翔
[PR]

 衆院選公示から2日後の21日、千葉県内の私鉄駅にりょーさん(45)は降り立った。事前にSNSでチェックした男性の候補者は、駅前の路上でスタッフとチラシを配っていた。

 日暮れ時で、人通りは多くなかった。絶好のタイミングだ。近づいていくと、チラシ配りの手を止めた候補者がこちらを向いた。

 「子育てのことでやってほしいことがありまして」と切り出し、簡単に自己紹介をした。

 「パパの子育てを当たり前にしてほしいんです」

 育児に積極的な男性が職場で嫌がらせを受ける「パタニティー・ハラスメントパタハラ)」や、脱長時間労働への思いを伝えた。候補者は「大事な問題ですよね」とうなずき、「こども庁の議論にも関わっていたので、当選したら引き続き注力します」。配っていたチラシには載っていない内容だった。やり取りは数分間続いた。

 最後に「当選したら子育て世代の思いを聞く機会を作ってほしい」とお願いすると、「それができるよう、この選挙を頑張ります」。そう言って候補者はまた、チラシを配り始めた。

 候補者の演説を一方的に聞くのではなく、子育て世代の自分が感じた疑問や解決してほしいことを、政治家に直接聞いてみる。もちろん、アポなしで。

 「#GoTo候補者」と名付けたこの取り組みは、りょーさんがボランティアで参加する子育て支援団体で提案し、10月上旬から始めた。

 りょーさんはなぜ、アポなしで候補者に「GoTo」し続けるのか。やってみて感じた子育て世代としての実感と、対話のコツは。

 候補者との直接対話は、りょ…

この記事は有料会員記事です。残り2113文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載子育てのモヤモヤから政治を変える パパ・ママが踏み出した一歩(全3回)

この連載の一覧を見る