不動産会社元社長に無罪判決 明浄学院の土地売却事件で大阪地裁

松浦祥子、浪間新太
[PR]

 学校法人「明浄学院」(大阪府熊取町)の土地売却をめぐり、手付金21億円を着服したとして業務上横領の罪に問われた不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)元社長の山岸忍被告(58)に対し、大阪地裁は28日、無罪判決(求刑懲役3年)を言い渡した。坂口裕俊裁判長は「(横領の)故意があると認定するには、合理的な疑いが残る」と述べた。

 山岸元社長は、法人が2017年に高校の敷地をプレサンス社に売却する契約を結んだ際、法人元理事長の大橋美枝子受刑者(63)=同罪で実刑判決が確定=らと共謀し、法人に振り込まれた手付金21億円を横領した事件に関わったとして、19年に大阪地検特捜部に逮捕、起訴された。公判では「横領への関与は一切ない」と否認していた。

 公判では、学校法人の経営権を買収するための資金を山岸元社長から借り入れ、プレサンス社が法人に支払う手付金で返済する、という横領の計画を、山岸元社長が認識していたかどうかが争点だった。山岸元社長側は「(貸付金は)土地売却に伴う学校の再建費用に使われると思っていた」として、横領の認識はなかったと主張していた。(松浦祥子、浪間新太)