「トイレ水漏れ」とうそ、不要な工事契約容疑 リフォーム業者摘発

[PR]

 民家を訪ねて住民にうそを伝え、不要なリフォーム工事をしようとしたなどとして、警視庁は東京都豊島区のリフォーム会社「BIRTH(バース)」の社長今井明容疑者(63)=東京都足立区伊興5丁目=と従業員だった20~60代の男5人を特定商取引法違反(不実の告知)と詐欺未遂の疑いで逮捕し、28日発表した。認否は明らかにしていない。

 生活経済課によると、6人は共謀し、3月に東京都墨田区の80代の男性宅を訪問。「トイレが水漏れしています。床が腐って落ちてしまう。便器も床も替えないとだめですよ」などとうそを言って38万5千円分の工事契約を結ばせ、施工しようとした疑いがある。不審に思った男性の親族が契約を解除したという。

 同社は「汚水槽の無料点検です」と都内の住宅を訪ね、水回りや床下の防腐工事を勧めていた。2019年8月以降、警視庁には同社に関する相談が複数寄せられており、生活経済課は余罪についても調べる。