第1回雨漏りだらけでも数千万円… 固定資産税の滞納、税の大家が見た実情

有料会員記事

松浦新
[PR]

 北海道芦別市が今年3月、札幌市マンションの一室を、所有者の固定資産税の滞納を理由に差し押さえた。滞納したのは、芦別市にあるJR芦別駅前のパチンコ店の土地・建物の税。だが、あえて100キロほど離れた札幌のマンションを差し押さえた。

 差し押さえを受けたのは、岩見沢市などでもパチンコ店を経営する南川富美雄さん(59)。経営が立ちゆかず、事業を清算する手続きの最中だった。1月に、二つの銀行口座にあった計約244万円余りを差し押さえられ、それでも不足する約174万円のために、今度は札幌の自宅マンションまで差し押さえられた。マンションを担保にした借り入れで資金繰りを考えていたため、差し押さえで清算事務も止まった。

 南川さんには、固定資産税を滞納しているパチンコ店には、評価額ほどの価値などないという不満があった。それなのに自宅まで差し押さえられ、芦別市と談判しようと考えた。そこに救いの手を差し伸べたのが、青山学院大の学長を2019年に退き、弁護士として活動する三木義一さん(71)。元々は税制が専門の学者で、民主党政権では政府税制調査会の委員に就いた経歴も持つ。

 南川さんと三木さん、そして記者の3人で今秋、芦別市のパチンコ店の現場を訪れた。

「一等地」のはずが…暗闇の中で起きたことは

 そこは駅前の「一等地」のは…

この記事は有料会員記事です。残り1291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら