逆風の自動車業界、抜き出るトヨタの調達力 「ずれ少なく」生産回復

有料会員記事

近藤郷平、三浦惇平、福田直之
[PR]

 大手自動車メーカーは、部品不足から減産に追い込まれている。トヨタ自動車のように部品調達力が強いところと、そうでないところとで、生産回復の動きに差が出ている。

 トヨタは11月、生産水準が85万~90万台と過去最高水準に到達する見通しだ。回復力の源泉は強靱(きょうじん)なサプライチェーン(供給網)にある。

 2011年の東日本大震災半導体が不足した経験もあり、重要部品を手厚く確保してきた。自然災害などの有事でも生産が途切れないようにするためだ。

 トヨタの関連会社のデンソーは、半導体大手のルネサスエレクトロニクスの大株主だ。豊田通商などのグループ企業は、海外からの調達を得意とする。

 トヨタの生産計画は、ほかと…

この記事は有料会員記事です。残り565文字有料会員になると続きをお読みいただけます。