自民は233で合格?立憲は140で勝ち?与野党、勝敗ラインの本音

有料会員記事2021衆院選

榊原一生、鬼原民幸、楢崎貴司
[PR]

 衆院選の投開票まで残り3日。「1強多弱」といわれた国会の勢力図がどう変わるかが焦点だ。岸田文雄首相は「与党で過半数」を目標に掲げて議席の上積みをめざす。野党第1党の立憲民主党は「共闘」の成果を上げ、野党勢力の拡大につなげたい考えだ。

 首相が掲げる勝敗ラインの「与党で過半数(233議席)」は、定数465議席のうち、自民党の公示前勢力(276議席)と公明党(29議席)を合わせた計305議席から70議席以上減らす計算で、政権は維持できるものの極めて慎重な目標だ。

 背景にあるのが、「議席減は想定内」との与党内の見方だ。4年前の前回衆院選では、小池百合子東京都知事が立ち上げた希望の党の参入で野党が割れ、定数の3分の2を超える大勝を果たした。

 しかし今回は、立憲民主党共産党などが全国289選挙区の75%にあたる217選挙区で候補者を一本化。安倍・菅政権での新型コロナ対応への批判も根強く、「減り幅」をどれだけ抑えられるかが焦点となっている。自民党幹部からは40議席余り減となる単独過半数でも「合格ライン」との声が漏れる。

絶対安定多数は「261」

 首相は「与党で過半数」を掲…

この記事は有料会員記事です。残り1334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]