SBIの北尾社長「我々なら変えられる」 新生銀のTOBに意欲

細見るい
[PR]

 SBIホールディングスの北尾吉孝社長は28日の会見で、株式公開買い付け(TOB)の対象の新生銀行について、「業績はほぼ右肩下がり。明確なビジョンと戦略、もっと大事な理念が欠如している。我々なら変えられる」と述べた。TOBを成功させて連結子会社にし、業績を改善させることに意欲を示した。

 新生銀が公的資金3500億円を返済していないことについて、北尾氏は「貸し出しによって利息を得ることをなりわいにしている銀行が、10~20年という単位でカネを返さないのは泥棒と一緒だ」と主張した。

 SBIは現在20%分を持つ新生銀株を最大48%まで買い増すとして、9月10日にTOBへ踏み切った。新生銀が今月21日に反対を表明し、銀行界では異例の敵対的TOBに発展した。新生銀は賛成に回る条件として、買い付け株数の上限撤廃と1株2千円に設定された買い付け価格の引き上げを求めたが、SBIはどちらも応じない構えだ。

 北尾氏は買い付け価格について「2千円でも払いすぎ。(これ以上は)びた一文払うつもりはない」と述べた。両者の協議が進まなければ、新生銀は買収防衛策について株主に提案する臨時株主総会を11月25日に開く。(細見るい)