日本製鉄がトヨタに科学的調査促す 電磁鋼板の特許めぐり「立証」を

有料会員記事

千葉卓朗 近藤郷平
[PR]

 日本製鉄が特許を侵害されたとしてトヨタ自動車と中国の宝山鋼鉄を提訴した問題で、日鉄の橋本英二社長は28日、「科学的な調査」をすべきだと主張した。特許侵害を否定するトヨタ側に立証を促すものだ。

 橋本氏は日本鉄鋼連盟の会長として、この日会見した。今月14日の提訴後、日鉄幹部がこの問題に言及するのは初めて。

 橋本氏はトヨタを提訴したことについて「『狙い撃ち』というのは全くの誤解。特許違反を明確にせざるを得なかった」と述べた。トヨタが特許侵害を認めない場合は「和解にはならない」とした。

 問題となっているのは、電動車の駆動用モーターに欠かせない「無方向性電磁鋼板」という鋼材だ。モーターのエネルギー損失を減らす特質がある。製造するには高度な技術が必要だ。日鉄は宝山がトヨタに納入した電磁鋼板が特許を侵害したとして、両社にそれぞれ約200億円の損害賠償を求める裁判を東京地裁に起こした。

 トヨタは、宝山から特許の侵害はないという説明があったとしている。橋本氏は「宝山から聞いているだけでは説明にならない」とし、トヨタが自社で特許侵害の有無を調べるべきだと主張した。

 電磁鋼板は鉄に様々な成分を…

この記事は有料会員記事です。残り2052文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!