市長会長「美人会長も楽しみに」と連合に言及 識者「セクハラ発言」

関根慎一
[PR]

 全国市長会長を務める福島県相馬市の立谷秀清市長(70)が28日、連合の芳野友子会長について「今度の美人会長も楽しみにしている」と発言した。福島市であった連合福島の定期大会で、少子化問題について持論を展開する中で述べた。外見差別ともとられかねない発言で、識者から疑問視する声が出ている。

 立谷氏は来賓として挨拶(あいさつ)し、「男性の年収と婚姻率は比例する。女の人ってそうなんだと思うような結果が出る。年収が多ければ婚姻率が高い」「労働分配率を上げて、男性の所得、女性に悪いけど、男性の所得を上げていかないと人口問題は解消しない」と少子化対策の持論を述べた。

 さらに、都市と地方の賃金格差の是正について「神津さん(連合の神津里季生・前会長)と意気投合し、意見交換しながらやってきた」と説明。「今度の美人会長も楽しみにしている。色々と協議しながら、日本にとっての問題は何なのかを連合と共通の立場で考えていきたい」と述べた。

 この発言について、上智大学の三浦まり教授(政治学)は「芳野さんの会長としての手腕でなく、容姿に着目したセクハラ発言で、相手に失礼。不適切だ」と指摘する。立谷氏は取材に「男女を蔑視する意図があるものではありません」とコメントした。

 立谷氏は医師で元自民党県議。2001年の相馬市長選で初当選し、現在5期目。18年から全国市長会長も務めている。(関根慎一)

  • commentatorHeader
    長島美紀
    (SDGsジャパン 理事)
    2021年10月29日11時53分 投稿
    【視点】

    「またかい」とため息をつきたくなる内容です。立谷氏は連合の芳野会長への歓迎の意味で「美人会長」と仰られたのだと思いますが、記事で三浦さんが指摘されるように見た目で人を判断し、差別する「ルッキズム(外見至上主義)」につながる発言です。 記事

  • commentatorHeader
    田中俊之
    (社会学・男性学研究者)
    2021年10月29日9時46分 投稿
    【提案】

    記事に連合会長の芳野友子さんの写真を掲載する必要はあったのか疑問を持ちます。相馬市の立谷秀清市長の差別発言を受けて、少なくない人が容姿を確認して「美人」か否かをジャッジする可能性があるからです。もちろん、掲載されていなくてもネットで画像を探