第39回コロナ患者急減で逆風が無風に? 自民がなお恐れる都市部の無党派層

有料記事2021衆院選立憲自民維新

福岡龍一郎 徳島慎也
[PR]

 31日に投開票される衆院選宮城県小選挙区では、特に無党派層の多い宮城1区(仙台市青葉区、同太白区の一部)と2区(仙台市宮城野区、同若林区、同泉区)で激戦が予想される。最終盤に向かう各候補の動きを追った。(福岡龍一郎 徳島慎也)

■都市部が明暗分けた静岡参院…

この記事は有料記事です。残り1644文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2021年10月30日11時44分 投稿
    【視点】

    与野党がっぷりよつ。近年まれにみる大激戦、大接戦が各地で繰り広げられています。「無風」かもしれませんが、日ごとに下からエネルギーがせりあがってくるような感覚があります。与野党が死力を尽くす地力の争いであり、「風力」ではなく「地熱」の戦いとい

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載ルポ 注目選挙区 (衆院選2021)(全40回)

この連載の一覧を見る