任意同行中の少年が警察署から逃走、6時間後に逮捕 大阪・八尾

[PR]

 28日午後3時50分ごろ、大阪府警が強制わいせつ容疑で逮捕状をとり、八尾署(八尾市)まで任意同行を求めた少年(18)が署の駐車場から逃走した。約6時間後、署員らが府内で少年を見つけ、同容疑で逮捕した。

 八尾署によると、28日午後3時20分ごろ、署員7人が府内の少年の親族宅へ赴き、事情を聴くために少年をパトカーに乗せて署に連れてきた。

 署北側の駐車場に着き、署員が両脇に立って少年を建物内に導こうとしたところ、少年が急に走り出し、高さ約2メートルの門を乗り越えて南方向へ走り去ったという。現金や携帯電話は持っていなかったという。

 同日午後9時40分ごろ、少年が親族宅に戻っていたのを署員らが見つけたという。