松本幸四郎と片岡愛之助 ともに挑む「コテコテの上方歌舞伎」 

有料会員記事

田部愛
[PR]

 歌舞伎俳優の松本幸四郎が、関西で「コテコテの上方歌舞伎」ともいえる演目に挑む。「東京の役者が演じるのは無謀」としながらも、大阪出身の片岡愛之助とともに、明るく笑いにあふれた舞台を届ける。

 2人が出演するのは、関西ゆかりの演目「雁(かり)のたより」。12月2~23日に京都・南座で開かれる歌舞伎公演「吉例顔見世興行」の第3部で上演される。

 舞台は、兵庫県有馬温泉。髪結床の主人、三二五郎七(幸四郎)が、湯治に訪れた大名の若殿の妾(めかけ)に見そめられるところから、物語は始まる。若殿が仕返しとして送ったにせの恋文に舞い上がり、踊る場面がみどころのひとつ。二枚目でいて三枚目という、上方歌舞伎特有の役柄だ。

 「雁のたより」は、大阪弁の…

この記事は有料会員記事です。残り771文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら