宝塚の男役スター愛月ひかる 異例のサヨナラショーで大劇場に別れ

有料会員記事宝塚歌劇団

田部愛
[PR]

 宝塚歌劇団星組の男役スター愛月(あいづき)ひかるが11月1日、宝塚大劇場兵庫県宝塚市)に笑顔で別れを告げた。

 星組の大劇場公演千秋楽のこの日、トップ以外では異例ともいえるサヨナラショーが開かれた。

 ショーの冒頭、愛月は白いきらびやかなししゅうの黒い燕尾服で登場。新人公演で初主演を務めた2010年の「誰がために鐘は鳴る」の「幸せの鐘の鳴る日」や、21年に宝塚バウホール主演をつとめた「マノン」の「マドリードへ」など、宝塚人生を代表するソロ曲を力強く歌いあげた。

 中盤には、白い軍服姿で星組トップ娘役の舞空瞳とデュエットを披露。歌ったのは、名鑑「宝塚おとめ」の「演じてみたい役」に挙げていた「うたかたの恋」のルドルフの歌。最後の大舞台で、夢をかなえた。

 その後、出演者全員が白い衣装で登場し、明るい雰囲気に。共演者たちとハグを交わすなどしながら、18年の主演舞台「不滅の棘」の「バンバン」などを晴れやかに歌った。

最後のあいさつ、はかま姿で

 最後は緑のはかま姿で大階段を下りると、星組トップスターの礼真琴と、同期で宙組の芹香斗亜から花束を受け取った。

 「宝塚に出会ってから、宝塚…

この記事は有料会員記事です。残り1297文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!