「会いたかった」があいさつになる日 安田桃寧が信じたファンとの絆

構成・阪本輝昭
写真・図版
安田桃寧さん
[PR]

 大阪・難波を拠点とするアイドルグループ「NMB48」が10月、結成11周年を迎えた。気軽に「会いに行ける」ことをコンセプトとした活動は、この1年半あまり、コロナ禍で大きな制約を受けてきた。新たなアイドルとファンの関係性をどう築き、12年目に向けてどんな活動に力を入れていくのか。活動7年目に入ったメンバーの安田桃寧さん(20)に聞いた。「NMB48のレッツ・スタディー!」番外編としてお届けする。

     ◇

コロナ下で見つけた「自分の強み」

 ――「レッツ・スタディー!」で小論文(3回分)を担当していただいたのが2019年暮れから20年初めにかけてでした。

 安田 その後ぐらいにコロナ禍があり、いろいろなことが激変しました。ずいぶん昔のように感じます。小論文を通じて、自分の気持ちや考えを徹底的に見つめ直す練習をしたことが、この間、「自分は何をしたいのか、どうすればいいのか」を考えるうえで役だったと思います。

 大変だったことを挙げればきりがありません。例えば劇場公演やライブでのMC(トーク)。ふだんは客席からの笑いの多さや掛け声の有無などで反応を探りながら進めていました。声出しNG、お客さんもみんなマスクとなってからは、客席からの声は聞こえず、表情も見えないという状況で、本当に真っ暗な中を手探りで歩いているような日々でした。いま、ようやく感染状況も落ち着きをみせはじめていますが、緊張感は解けません。「新しい日常」のなかで、私たちアイドルの活動も新しいスタイルでの活動に挑戦し続けていきたいです。

写真・図版
安田桃寧さん

 一方、得意の「料理」を生かした動画配信など、コロナ下だからこそ見つけられた自分の強み、自分なりのファンへの感謝の表し方というものもあります。決して全てを後ろ向きにはとらえていません。

「表情づくり」にかけてきた

 ――「強み」という部分を、もう少し詳しく。

 安田 私は「アイドルは表情である」と思ってきました。何かを表現するときに、顔の表情で表現する、体の動きで表現する、もしくは全身で表現する――いろんな方法がありますが、私が初期からずっと心がけてきたのは「表情づくり」です。尊敬する卒業生の渡辺美優紀さんへのあこがれもありました。ファン一人ひとりへの応対が丁寧で、「神対応」と呼ばれた先輩ですが、そのなかでも視線の配り方、表情のつくり方など、表現者としての部分も抜きんでていました。

 「目を奪う」という言葉がありますが、美優紀さんがステージにいると、まさに目が吸い付けられる感があります。アイドルとして芯があり、人前では決して弱さをみせないところも魅力ですが、それら全てを表情に凝縮していました。

 わたしも毎日鏡をみて、表情づくりに励みました。公演の動画を見返し、「この表情はだめだったな」「ここはもっと感情を豊かに表現しないとな」と反省材料にしてきました。地味かも知れないけれど、表情管理はとても大切。それがいつかファンの人たちにも届くといいなと思ってきました。

離れた場所からのコミュニケーション 「表情」がもつ意味が大きくなった

 ――それが強みになっていると。

 安田 コロナ禍で、大きな声を出せなくなり、私たちとファンの方々の交流も対面での「握手会」から、オンラインでの「お話し会」に移行しました。世の中もオンラインでのやり取りが圧倒的に増えたと思います。だからかどうか、みんな、相手の気持ちを読み取る手立てとして、画面の中にいる人の表情を以前より注視するようになったなと感じます。表情で表現する力を磨きたいと頑張ってきた私にとっても、それは大きな変化でしたし、勝負のときでした。

 ――20歳になって、自分の中で変わったことはありますか。

 安田 「表情を武器にしたい」と思いつつも、これまで私自身、「これが強みです」と自信をもって言い切れずにいました。みんな何かしら、自分だけの強みをもっている。私は「何でも平均点以上はこなす」タイプだと思われているようで、実際、それなりに器用にこなす方だとは思います。でも、アイドルの世界は人間的な成長を遂げる姿をみてもらう仕事でもあり、むしろ不器用さであったり、たった一つの武器を頼りにはい上がっていく物語であったりが、ファンの心を動かす面があります。

 10月20日に夢だった写真集「もう一度、会いたい理由。」(光文社)を出すことができました。48グループ内のゲームアプリで実施されたイベントで、ファンの方々の後押しにより、1位となったことで実現しました。写真集が私の「夢」だった理由は、一瞬の表情と雰囲気で勝負する写真こそ、私が自分の強みを発揮できる一番の舞台だと思ったからです。だから、これだけは誰にも譲りたくなかった。同時に、これまで私が積み上げてきたことにちゃんと意味があった、と感じられた経験でした。

写真・図版
安田桃寧さん

「もう一度、会いたい理由。」に込められた思い

 ――タイトルにはどのような意味を込めましたか。

 安田 タイトルは秋元康さん(AKB48グループ総合プロデューサー)が考えてくださったものですが、一読した瞬間、「これだ!」と思いました。

 コロナ禍で「会う」ことができなくなったアイドルとファンの関係。それでも「もう一度」会える日を信じて過ごしてきた日々。再びファンと直接の交流ができる日がきたとき、さらに人間的魅力を増した姿をみせることができるよう、コロナ下でもできることを模索し続けた思い出。それらすべてがこの1冊に込められているからです。

 このタイトルこそ、私からファンの人たちへ伝えたいメッセージであり、同時に、ファンの人たちも同じように思ってくれていたらうれしいです。

 無邪気な笑顔、切ない表情、あるいは「素」のままの感じ――。私のあらゆる表情を見て頂くことができればと思います。

写真・図版
安田桃寧さん

「NMB48は、これからだ!」

 ――これからのNMB48で、どんな役割を担っていきたいですか。

 安田 渡辺美優紀さんを尊敬する私としては、やはり「王道アイドル」としてのポジションを守っていきたいです。それから、今はNMB48をよく知らない、興味がないという人たちにも、NMBを知ってもらい、好きになってもらうきっかけづくりをしたい。かつて、(美容系ユーチューバーとしてブレークした)吉田朱里さんや、(自らのアパレルブランドを立ち上げた)村瀬紗英さんのように、アイドルの枠を超えた活動で外の世界に打って出たいと思います。今回の写真集がそのきっかけの一つになればと思いますし、動画配信などにも力を入れていきたい。「NMB48は、これからだ!」という盛り上がりを感じてもらいたいですね。

     ◇

 やすだ・ももね 2001年、大阪府生まれ。15年にNMB48に加入。将来の夢は「ペット関係の仕事をする」。

 NMB48は11月3日に大阪城ホールで11周年記念ライブを開催。詳細はNMB48公式サイト(http://news.nmb48.com/category/ticket別ウインドウで開きます)で。(構成・阪本輝昭)