「手錠をかけろ」 自宅前に15階建てマンション建設 抗議中に逮捕

有料会員記事

編集委員・伊藤智章
[PR]

現場へ! 名古屋マンション紛争①

 「手錠をかけろ」。鋭い声に、自分から両手を差し出していた。

 2016年10月7日朝、名古屋市瑞穂区の薬局経営、奥田恭正(やすまさ)(65)は自宅前の高層マンション建設に抗議中、暴行容疑で愛知県警瑞穂署に現行犯逮捕された。現場監督を突き飛ばし、走行中のダンプに接触させたという疑いだ。

 現場は電機メーカーの社員寮跡地。寮は3~4階建てだったが、マンションは市道沿いを15階建て、奥を6階建てにするという。

 驚いた。父の代から住むのはほとんどが戸建ての住宅街だ。だが、市の都市計画では市道から20メートルは「近隣商業地域」で、高さ45メートルまで許されているというのだ。

 説明会の録音が残っている。

 日照や風の害は? 戸建てに…

この記事は有料会員記事です。残り971文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら