「建てさせない建築士」の真骨頂 マンション業者の法令違反はどこだ

有料会員記事

編集委員・伊藤智章
[PR]

現場へ! 名古屋マンション紛争③

 名古屋の多くのマンション建築紛争の現場にこの男が現れる。

 「建てさせない建築士」こと、後藤徹(85)だ。途方に暮れる住民に「住む者の権利だよ」と励まし、業者に詳細計画を出させ、役所に指導を求め、反対のぼりの立て方まで伝授する。

 30年間でかかわった紛争は約500件。真骨頂は、1級建築士の目で検証し、法令違反を見つけること。業者は「適法」を言うが、規制ぎりぎりの建物は、どこか無理があるという。1993年、ほぼ完成したマンションの一部取り壊し命令を名古屋地裁で勝ち取った。ほかにも建築確認取り消しや設計変更を実現し、沖縄や仙台からも相談がきた。

 大学の建築科を出た後、地元…

この記事は有料会員記事です。残り981文字有料会員になると続きをお読みいただけます。