東邦ガス、LNG高で75%減益 9月中間決算、通期では増益予想

有料会員記事

内藤尚志
[PR]

 東邦ガスが29日に発表した2021年9月中間決算は、最終的なもうけを示す純利益が前年同期比75・1%減の29億円だった。原料の液化天然ガス(LNG)の高騰が響き、2年続けて減益になった。工場や会社向けの業務用のガス販売が伸び、売上高は2・6%増の2078億円だった。

 ガスは電気と同様に、原料費の変動をあとで料金に反映させる制度が導入されている。これによってガス料金が値上げされるため、22年3月期通期では売上高が前年比10・4%増の4800億円に伸びると予想。さらに経費の削減も進めて、純利益も4・7%増の90億円を見込む。通期での増収増益が実現すれば、2年ぶりになる。

 一方、今年に入って公正取引

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら