柿谷はグランパスのために戦う ルヴァン杯決勝で古巣セレッソと対戦

有料会員記事

金子智彦
[PR]

 サッカー・Jリーグルヴァン杯は30日、埼玉スタジアムで決勝(午後1時5分開始)がある。初優勝を狙う名古屋グランパスと、4年ぶり2度目の頂点を狙うセレッソ大阪が相まみえる。古巣と対決する名古屋グランパスのFW柿谷曜一朗は「最後にトロフィーを掲げるのは名古屋。勝つことだけにフォーカスしたい」と意気込んだ。

 両チームは29日、各1時間軽めの調整をおこなって決戦に備えた。27日の天皇杯準々決勝で対戦したばかり。中2日で再び相まみえる異例の形となる。

 セ大阪の下部組織で育ち、長年クラブの「顔」だった柿谷。2017年のルヴァン杯優勝時は主将として桜軍団を引っ張った。近年精彩を欠いていた背番号8は心機一転、強い覚悟を持って名古屋へ移籍した。

 古巣と決勝で対戦できること…

この記事は有料会員記事です。残り534文字有料会員になると続きをお読みいただけます。