コロナ禍照らす「天使のはしご」 下関市で薄明光線

貞松慎二郎
[PR]

 響灘の上空で夕刻、雲間から光が漏れる美しい光景を山口県下関市豊浦町の平川敬一さん(82)がカメラに収めた。「薄明(はくめい)光線」という自然現象で、「天使のはしご」という呼び名もある。

 撮影したのは今月23日。カメラを手に散歩していたところ、きれいな光景に魅了された。平川さんは「新型コロナで暗い世の中を明るく照らしてくれているようで、安らぎを感じさせるひとときだった」。貞松慎二郎