「このままじゃ倒産」夜逃げも覚悟 社長は「イチかバチか」で動いた

有料会員記事2021衆院選

矢島大輔
写真・図版
「何もしなくても3300万の赤字」。情熱ダイニングの池原晃喜社長が資金繰りを振り返った資料。退職者が相次いだことも記されている
[PR]

 初めての緊急事態宣言が出されていた昨年5月。

 神戸市内で飲食店を営む「情熱ダイニング」の池原晃喜(こうき)社長(54)は翌月からの現金の流れを計算し、頭を抱えた。

 6月 ▲200万円

 7月 ▲3300万円

 8月 ▲6400万円

 ▲印は赤字を示す。

 1996年創業で、コロナ下で最も打撃を受ける宴会売り上げが7割を占めてきた。

 結論は明らかだった。

 「このままじゃ倒産する」

社長が打ってでた 起死回生の策

 眠れず、常に顔色は悪く、口数が少なくなった。

 人と顔を合わすのがつらい。

 政府系や民間の金融機関に融資を頼んだが、断られ続けた。

 従業員が次々と辞めていった。

 「夜逃げを覚悟しました」…

この記事は有料会員記事です。残り1036文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]