• アピタル

集団免疫獲得の可能性も? インド首都、コロナ抗体保有率97%

新型コロナウイルス

ニューデリー=奈良部健
[PR]

 インドの首都ニューデリーで、新型コロナウイルスの抗体保有率が97%にのぼったことが、地元政府の調査でわかった。今年4~5月にはインド全土で1日に40万人以上の感染者を出したが、その後激減した。集団免疫に近い状態を獲得した可能性がある。

 調査は首都で9~10月、2万8千人を対象に実施した。1月の前回の調査では約56%だったが、急激に増えた。ワクチン接種を終えていない人でも90%が抗体を保有していることがわかり、地元政府は感染によるものが大きい可能性があるとしている。集団免疫を獲得したかどうかは「科学者が判断する」とした。

 ただ、抗体が新しい変異ウイルスに効果があるかや、感染を防ぐために必要な抗体量をいつまで維持するかは不明だ。調査はサンプル数が少ないとの指摘もある。

 首都の人口は、約3千万人。今年4月に1日あたり最多の2万8千人の感染者を出した際には、ロックダウンを実施した。現在は、1日に50人以下の水準まで減っている。

 11月には、ヒンドゥー教の大祭があり、再び感染が拡大する懸念もある。地元政府はマスクの着用を続けるなど、基本対策の徹底を呼びかけている。(ニューデリー=奈良部健

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]