関西スーパーVSオーケー、僅差の攻防 水面下では「どぶ板」作戦

有料会員記事

宮川純一、栗林史子
[PR]

 関西スーパーマーケットと、阪急阪神百貨店を展開するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの統合計画が29日、関西スーパーの臨時株主総会で承認された。「僅差(きんさ)でございます」。総会で投票結果を述べた関西スーパーの福谷耕治社長は、硬い表情で頭を下げた。

 統合には株主総会で3分の2以上の賛成が必要だったが、結果は賛成66・68%の辛勝。大株主の一つ、首都圏地盤のスーパー「オーケー」が買収に名乗りをあげ、統合案に反対していたからだ。関西スーパーはこの2カ月、オーケーからの激しい追及にさらされつつ、水面下では株主らを「どぶ板」でまわり、なんとか統合案承認にこぎつけた。

 10月、福谷社長や関西スーパーの幹部らは数百の株主を直接たずね、統合案の説明に回っていた。「どぶ板ですよ」。関係者はそうこぼした。訪問先のほとんどが取引先の問屋や食品メーカー。本来なら、関西スーパー経営陣の判断を尊重する可能性が高い「安定株主」のはずだ。それなのにここまで必死になったのはなぜか。

 そのころ、統合案に疑問の声が出始めていた。

 同社の取引先140社超で構…

この記事は有料会員記事です。残り1650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。