逆転勝ちの大垣日大、勝利を導く主砲の一振り 秋季東海高校野球

仲川明里
[PR]

 第74回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が30日、愛知県岡崎市民球場で開幕した。1回戦で大垣日大(岐阜2位)は7―2で静岡(静岡3位)に逆転勝ちした。中部大春日丘(愛知3位)は3―6で津商(三重2位)に敗れた。31日は刈谷と岡崎市民球場で4試合があり、大垣日大は享栄(愛知1位)、岐阜第一(岐阜3位)は至学館(愛知2位)とそれぞれ対戦する。他の対戦は、聖隷(静岡2位)と津田学園(三重3位)、日大三島(静岡1位)と津商となっている。

 計13安打で快勝した大垣日大。打線に火をつけたのは西脇昂暉(こうき)主将(2年)の一振りだった。

 同点で迎えた四回だ。フルカウントからの6球目、内角低めのスライダーを腕をたたんで振り抜いた。「先頭打者だったので塁に出ようという気持ちで思いっきり振った」。勝ち越しの左越え本塁打。勢いづいたチームは、さらに3点を奪って主導権を握った。

 捕手としても緩急をつけた変化球中心のリードで、静岡に12安打を許しながらも2失点。要所を締めた。

 西脇主将は「県大会が終わって1週間しかない中で、チーム全体がいい緊張感で臨むことができた」。県大会は惜しくも準優勝。東海大会に向け、チームはバント練習など基本的な動作を徹底的に磨いてきた。「どこが相手でも最後まで粘り強い大垣日大らしい野球をしたい。次も必ず勝ちます」と力を込めた。(仲川明里)