奈良の鳥インフル疑いは陰性 農研機構の遺伝子検査で判定

[PR]

 奈良県宇陀(うだ)市の養鶏場鳥インフルエンザの疑いがある事例が29日に発生していたが、同県は30日、農研機構動物衛生研究部門(茨城県つくば市)の遺伝子検査で陰性と判定されたと発表した。

 県によると、29日午後0時半ごろ、この養鶏場から「死亡羽数が増えている」と県に通報があった。県は当初、死んだ13羽に簡易検査をしたと発表したが、のちに死んだ11羽、生存2羽を検査したと訂正。そのうち1羽から鳥インフルエンザの陽性反応があった。しかし、農林水産省が県の簡易検査を不成立と判断し、再検査を実施していた。