全日本合唱コン「温かい拍手に包まれた」 福島勢活躍、郡山は最高賞

見崎浩一
[PR]

 郡山高校が3大会連続で高校合唱の頂点に立ち、会津と安積黎明の両高校は全国2位に輝いた。30日に大分市で開かれた第74回全日本合唱コンクール全国大会(全日本合唱連盟、朝日新聞社主催)。33人以上で歌うBグループで郡山は文部科学大臣賞、会津は大分県知事賞、Aグループ(32人以下)の安積黎明も同県知事賞となった。

 昨年の第73回大会はコロナ禍で中止となったが、2019年と18年は2大会連続で郡山が1位、会津が2位だった。この日も両校は競い合う形で、3大会連続で全国1位、2位を占めた。

 全国出場10度目で3回目の日本一となった郡山は、混声合唱組曲の「若さのイメージ」と「どんぐりのコマ」を歌い上げた。演奏後、顧問の佐藤朋子教諭は「観客の温かい拍手のエネルギーに包まれ、あっという間に演奏が終わってしまいました」と涙ぐんだ。

 表彰式はなく、帰りのバスの中で結果が知らされた。部長の三瓶将史さん(3年)は「演奏を聴いて頂けたことがとてもうれしく、幸せな時間でした。3大会連続は部員全員が納得いく演奏ができたご褒美です」と喜んだ。

 会津は11大会連続で22回目の全国出場。今回の金賞で、「10大会連続金賞表彰」の特別賞を受けた。

 顧問の大竹隆教諭は「本番のステージではここまでやれるんだという生徒たちの成長を感じました」。部長の渡部珠羽さん(3年)も「今まで積み重ねてきた最高の演奏ができました」と満足げだった。

 また、全国出場が44回目となった安積黎明(安積女子高時代含む)はAグループで全国2位に輝いた。

 顧問の星英一教諭は「県大会、東北大会とはまったく次元の違う演奏をしてくれた」と生徒をたたえた。委嘱曲の「風が立ち、波が騒ぎ、」が描く悲しみや絶望などの心境を繊細な女声で表現した。

 歌い終えた後、3年生数人が涙を流し、県知事賞は移動中のバスの中で知った。部長の鴻野歩さん(同)は「自分たちの演奏を楽しめました。たくさんの方に応援を頂いたおかげで素晴らしい賞を頂くことができ、感謝したい」と満足げだった。(見崎浩一)