国民・玉木雄一郎代表「野党共闘の枠組み、見直しが必要では」

2021衆院選国民

[PR]

 国民民主党玉木雄一郎代表は開票状況をふまえ、東京都内で記者団に「自公でもない、立共でもない受け皿という期待を非常に感じた。我々の改革中道、現実的な経済政策に対しての評価をかなりいただいた」と述べた。「野党共闘の枠組み、中身について、この選挙を踏まえて必要な見直しを行っていくことが必要ではないか」とも語った。

 過去の金銭授受をめぐり説明責任が問われている自民党甘利明幹事長が小選挙区で落選したことについては、「国民の皆さんから見たら、何のおとがめもないのかということについて厳しい審判が下ったんだと思う」と話した。

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]