• アピタル

サキ米大統領報道官が新型コロナに感染 バイデン氏の訪欧に同行せず

新型コロナウイルス

ワシントン=園田耕司
[PR]

 サキ米大統領報道官は10月31日午後、声明を発表し、新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことを明らかにした。バイデン米大統領は現在、欧州を訪問中だが、サキ氏は家族から陽性反応が出ていたため米国にとどまっていた。

 声明によると、バイデン氏の訪欧に同行しないことを決めた同27日以降、自主隔離しており、28日に米国を出発したバイデン氏や、ホワイトハウス高官とは接触していない。その後の検査で陰性反応が続いたが、31日に陽性反応が出た。サキ氏はワクチン接種をしていて症状は軽く、自宅で仕事をしているという。

 大統領報道官は大統領とは頻繁にホワイトハウス内で打ち合わせをする関係にある。78歳のバイデン氏は9月下旬に3回目のワクチン接種を受けている。(ワシントン=園田耕司

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]