甲府2人死亡火災 19歳を放火容疑で再逮捕へ、揮発性高い油使用か

有料会員記事

平山亜理
[PR]

 甲府市で住宅が全焼して夫妻の遺体が見つかった事件で、市内の少年(19)=傷害容疑で逮捕=について、山梨県警は2日にも現住建造物等放火容疑で再逮捕する方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかった。事前に刃物を買っていたことも判明した。

 捜査関係者によると、少年は10月12日未明、甲府市蓬沢1丁目の会社員井上盛司さん(当時55)方に火を付け、木造2階建て住宅約110平方メートルを全焼させた疑いがある。揮発性の高い油を室内にまき、火を放った可能性が高いという。

 焼け跡から井上さんと妻章恵さん(同50)の遺体が見つかり、刃物によるとみられる多数の傷が確認され、死因は失血死と判明した。夫妻は10代の長女、次女の4人家族。当時、2階で寝ていた次女は人が争うような声に気づき、1階に降りようとした際、少年と鉢合わせしていた。少年は逃げる次女の頭を殴って負傷させたとして傷害容疑で逮捕された。次女は2階のベランダから長女と逃げた。

 少年は逮捕後、「人を殺して…

この記事は有料会員記事です。残り110文字有料会員になると続きをお読みいただけます。