京王線切りつけ容疑者「ジョーカーまねた」 6月に福岡出て東京へ

【動画】京王線車内であった事件の車両を検証する警視庁の捜査員ら=林元也撮影
[PR]

 東京都内を走る京王線の電車内で切りつけられるなどした乗客17人が重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された男が警視庁の調べに「6月から計画していた。仕事を失い、友人関係もうまくいかず、2人殺して死刑になりたかった」と話していることが捜査関係者への取材でわかった。8月に都内で起きた事件に影響を受けたという。

 逮捕されたのは、職業・住所不詳の服部恭太容疑者(24)。捜査1課によると、10月31日午後8時ごろ、東京都調布市を走行中の京王八王子発新宿行きの特急電車(10両編成)で、乗客の男性(72)の右胸を刃物で刺して殺そうとした疑いがある。男性は意識不明の重体。刃物は洋風のナイフのような形で、刃渡り約30センチ。服部容疑者は「刃物は(ネット通販大手の)アマゾンで6月に買った」と説明しているという。男性とは面識がなかったとみられる。

 服部容疑者は男性を刺した直後に油をまいて火を放ったとみられ、周囲に煙が充満。10~60代の男女16人が煙を吸ったり液体をかけられたりするなどして軽傷を負った。警視庁は1日、車両基地に移された車両の検証を始めた。

 捜査関係者によると、供述や防犯カメラの映像から事件までの服部容疑者の足取りが判明した。

 ハロウィーンの31日午後5時ごろ、京王八王子駅から京王線の上り電車に乗り、明大前駅(東京都世田谷区)で京王井の頭線に乗り換えて渋谷へ移動した。仮装した人々でにぎわう街中を散策した後、午後6時40分ごろに渋谷駅から井の頭線に乗車。明大前駅で京王線に乗り換えて調布駅に向かい、同駅で上り特急電車に乗り、発車直後に国領駅(調布市)付近で事件を起こしたとみられるという。

 事件当時、服部容疑者は紫色のスーツに緑色のシャツを着ていた。米国の人気映画シリーズ「バットマン」の悪役「ジョーカー」の服装をまねたと説明。「人を平気で殺すので憧れていた。事件のために買った勝負服だ」などと話しているという。

 捜査関係者によると、服部容疑者は福岡市出身。6月に地元を出て、神戸市名古屋市で約1カ月ずつホテルで暮らしていた。東京には9月末から10月上旬に到着し、ホテルを転々としていたという。

 都内では、8月に小田急線の車内で乗客が切りつけられる事件が起きた。服部容疑者はこの事件を「参考にした」と供述。「停車駅が少ない特急を選んだ」などと説明しているという。小田急線の事件で逮捕された男は、サラダ油を車内にまいて火を付けようとしたとされる。服部容疑者は「火が付かなかったと聞き、ライターオイルをまいた」と話しているという。