首相、経済政策の実現に着手 財界・市場、政権安定をひとまず歓迎

有料会員記事

伊藤弘毅、伊沢友之 西尾邦明
[PR]

 岸田文雄首相(自民党総裁)は1日、自民単独で絶対安定多数の議席を得た衆院選の結果を受け、公約に掲げた経済政策の実現に向けて動き出した。この日は政権運営が安定するとの見方から株価も急上昇した。ただ、経済界も市場も、コロナ対策と経済活動の両立や賃上げなどが期待通りに進むかどうかを注視しており、早速手腕が試される。

 「これから政権を待ち受けているのは政策実現のための戦いだ。成長のための改革に大胆に取り組むとともに、分配のための新たな仕組みをつくり、動かす」

 首相は1日の記者会見でそう意気込み、経済対策を早期にまとめ、補正予算を年内に成立させる考えを改めて表明。分配施策の柱である看護師や保育士らの賃上げに向けた公的価格の見直しを検討する委員会を来週にも立ち上げることを明らかにした。

 また、「令和版所得倍増を目…

この記事は有料会員記事です。残り1666文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!