第18回自民はウィング拡大、野党は公約の信用向上が課題 谷口将紀東大教授

有料会員記事2021衆院選

[PR]

寄稿 谷口将紀・東大教授(現代日本政治論)

 衆院選挙制度の並立制には、穏健な多党化を前提としたソフトな二大政党制または二大政党ブロック制をもたらすことが見込まれていた。今回多くの選挙区で立憲民主党共産党などが候補者を一本化したことは、それなりに合理的な動きと言える。

 しかし、野党共闘は不首尾に終わった。背景には西欧に見られた中道左派中道右派の二大政党ブロックからの逸脱を指摘できる。

 第一に、自民党の外交・社会…

この記事は有料会員記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(全20回)

この連載の一覧を見る