つらい時、みんなで肩を組んで泣けばいい 路上で出会った母2人の涙

有料会員記事

若松真平
[PR]

 小3の長女と5歳の双子を育てている、まりものしおちょ(@shiocyo_marimo)さん。

 夏の暑い日に、歩道でベビーカーを押している母親とすれ違った。

 ベビーカーには赤ちゃんが乗っていて、母親の足元には2歳くらいの男の子がしがみついて泣いている。

 何度も「ごめんなさいは?」と怒鳴る母親に対して、男の子は泣くばかり。

 きっと、近くにあった公園で遊んでいて何かあったのだろう。

 一つの事柄だけじゃなく、いくつも我慢して限界に達したんじゃないかな。

 怒られた男の子は不安でパニックになって、もう何を言われても耳に入っていないんだろうな。

 自分の子育ての経験から、そんなことを考えていた。

 胸が締め付けられる光景だが、母親の気持ちもよく分かるので、そのまま通りすぎることにした。

 その時、振りほどこうとした母親の脚で、男の子が後ろ向きに転んだのが見えた。

 思わず駆け寄って、「しまっ…

この記事は有料会員記事です。残り1961文字有料会員になると続きをお読みいただけます。