「14勝0敗、無敗の男」なぜ負けた 中村喜四郎氏、奪われた支持層

有料会員記事2021衆院選

鹿野幹男
[PR]

 衆院選の選挙区で14戦14勝、「無敗の男」の異名をとった立憲民主党中村喜四郎氏(72)が、茨城7区で初めて敗北した。「党より人」を掲げて臨んだが、与野党対決を強調した自民党永岡桂子氏(67)に約3500票差をつけられた。その足元で何が起きていたのか。

 1日朝、中村氏は比例区復活当選した心境を報道陣に問われ、「みなさんのおかげで比例復活で国政に継続して参加できる。この経験を無駄にせず国政でご恩返ししたい」と語った。

 中村氏は公示2日後の10月21日から毎日、午前8時から午後6時半過ぎまで、バイクで選挙区内を回り、1カ所約15分間の演説を1日約20カ所でこなした。行く先々ではお年寄りたちが待っている。

 ずっとこのスタイルを続け、1976年の初当選から14回、当選を重ねてきた。

 ただ、変わったのは保守系無所属から立憲に転じたことだ。

 今回は野党候補らの支援で全…

この記事は有料会員記事です。残り815文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2021年11月2日12時39分 投稿
    【視点】

    かつてはマスコミシャットアウトでどんな選挙活動をしているのかわからないと言われていた伝説の「無敗の男」ですが、今回は陣営がツイッターで動画拡散に努めるなど、新しい中村喜四郎像を離れていても見ることができました。選挙カーには「党より人」の文字

  • commentatorHeader
    曽我豪
    (朝日新聞編集委員=政党政治、教育改革)
    2021年11月2日11時34分 投稿
    【視点】

    政治において敗北は一時のものであり、他日を期すための糧にできればかえってプラスの経験に変えることも出来ます。良き敗者と言われる所以です。 立憲民主党という政治色が敗北の一因との言葉を後援会幹部から引き出したこの記事は敗者と向き合う上での政

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]