繁華街で道路陥没「ごみ収集車はまった」 吉祥寺駅近く、けが人なし

[PR]

 2日午前6時ごろ、東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目で、「道路が陥没してごみ収集車の後輪がはまった」と、運転手の男性から110番通報があった。

 警視庁武蔵野署によると、陥没があったのは東急百貨店吉祥寺店の北側の道路。アスファルトが幅約4メートル、長さ約10メートル、深さ2~5メートルの穴があいた。けが人はいないという。陥没のあった道路とその隣の工事現場の地中境界線部分にあったコンクリートには2~3メートルの損傷が確認されており、損傷部分から道路側の土が工事現場側に流れ出していたという。

 現場はJR吉祥寺駅の北西約270メートルの繁華街で、飲食店や衣料品店が立ち並ぶ。道路が幅広く陥没している様子に、通勤中の人たちは「うわ、落ちてる」「やばいやばい」などと声を上げスマートフォンのカメラを向けていた。この影響で、付近は一時通行止めとなり、多くの車が迂回(うかい)していった。

 陥没した道路のすぐ前で焼き鳥店を営む且田(かつた)幸久さん(56)は、2日午前6時前、近所の人からの「道路が大変なことになっている」という電話を受け、目を覚ました。外に出てみると、大きな穴。前日にこの道路を車で通ったが、特に異常は感じられなかったという。「昨日、ぼくが通った時に落ちていたかもしれない。怖いです」と話した。