タイムレコーダー押すとすぐに外出 指示するだけの理事長に失望

写真・図版
マンガ・米澤章憲
[PR]

 定年後8年余り、茨城県特別養護老人ホームで働いていますが、10月からの時給は最低賃金の879円より1円高いだけの880円です。

<職場のホ・ン・ネ> 茨城県の70代男性

 今回、茨城県は28円上がりましたが、私の場合は10円しか上がらず、最低賃金に追いつかれそうです。15年働いている人も同じだと聞きました。

 短時間勤務ですが、正職員と同じ仕事をしています。せめて正職員と同じ賃金をもらいたいところですが、彼らも低い賃金で働いています。

 ところが、理事長は施設長でもあるのに、朝9時に出勤してタイムレコーダーを押すと、外出してしまいます。所内で姿を見ることはほとんどなく、利用者の転倒事故などを報告しても「見回りを強化するように」との指示があるだけです。

 将来に希望が持てないと、若い職員が次々に辞めていくのは仕方がないと思っています。(茨城県、70代男性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。