ピアニストのネルソン・フレイレさん死去 アルゲリッチさんと名演も

 モーツァルトやシューマンの詩情あふれる演奏で知られたピアニストのネルソン・フレイレさんが1日、リオデジャネイロで死去した。77歳だった。

 1944年ブラジル生まれ。3歳でピアノを始め、5歳で最初のリサイタルを開き、神童と呼ばれた。12歳の時に受けた当地の国際コンクールで注目され、ウィーンに留学。15歳でウィーンでのコンサートでデビューを果たし、国際舞台で活躍した。マルタ・アルゲリッチさんとの深い親交でも知られ、デュオで名演を聴かせた。2018年8月5日、広島交響楽団の「平和の夕べ」コンサートでブラームス協奏曲を弾いたのが最後の来日となった。